この投稿ではPolice Registrationについて書こうと思う。新学期が始まるタイミングで留学生に対してPolice Registrationの案内をされることがある。このPolice Registrationとは決められた期日までにイギリス内で警察に自分の住所を申請する作業である。

しかし、このPolice Registrationは基本的に日本人には関係がないものだと認識していい。日本はこのPolice Registrationの対象になっていないようだ。Northumbria Policeによると対象国は以下の国である。(2018年9月現在)

Afghanistan, Algeria, Argentina, Armenia, Azerbaijan, Bahrain, Belarus, Bolivia, Brazil, China, Colombia, Cuba, Egypt, Georgia, Hong Kong, Iran, Iraq, Israel, Jordan, Kazakhstan, Kyrgyzstan, Kuwait, Lebanon, Libya, Macao, Moldova, Morocco, North Korea, Oman, Palestine, Peru, Qatar, Russia, Saudi Arabia, South Sudan, Sudan, Syria Tajikistan, Tunisia, Turkey, Turkmenistan, United Arab Emirates, Ukraine, Uzbekistan, Yemen.

Northumbria Police より引用

よって、学校でPolice Registrationのアナウンスを受けても気にする必要はない。イギリスでは日本人と中国人の見分けがつかないようなので、中国人だと勘違いされてアナウンスを受けているかもしれない。

もちろん、今後規則が変わる可能性はあるが、現在のところ日本人には無関係な制度だと思っていて良いだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です