プロポーサルの書き方について

目的

  • 本稿の縮小版を書くことで本稿の内容を具体的にする。
  • チューター、バイザーに自分のプロジェクトを見てもらう。
    チューターはここを見る。研究内容の有用性・・・それは重要か?それは現在のいまやるべきものか?そのプロジェクトは実現可能か・・・目的ははっきりしているか?スコープがはっきり絞れているか?個人で期限内に終わらせることができるか?必要なデータ、リソース、設備が利用できるか?研究方法は適切か・・・自分の調査内容に予定している研究手法は適切か?研究方法ははっきりと示されているか?統計学を用いる場合、その統計的分析は自分の調査に適切か?サンプルの量は十分か?

 

書くべきもの

  • その研究のタイトル
  • その研究の目的と焦点
  • その詳細
  • 理論的な理解
  • 方法論と方法
  • リサーチデザイン・・集めたデータ、分析
  • 倫理的な考察
  • アウトライン
  • 主要参考文献

よくある問題

  • 曖昧すぎる
  • データ、リソースが無い
  • スケジュールに無理がある
  • 大きすぎる
  • 知識不足

やっておくべきこと

  • 十分な量の背景知識を得ておく
  • 理論についてよく考える
  • 方法の適切かをよく考える

どう役にたつか

  • アイデアを形にすることができる
  • 部分的にではなく全体的にプロジェクトを俯瞰できる
  • 研究可能か現実的に考えることができる

批判的に考える必要性

  • 潜在的な問題を発見できる
  • 批判的に考えることができるということを証明できる

 

理論的な認識の重要性

  • その研究の焦点・枠組みを確認するため
  • ギャップを明らかにする
  • その研究の価値を確認する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です