今日はSemester1で良かった点を書いておきたい.

まず,良くも悪くも生活には慣れてきた.おかげで,予想よりも出費の少ない生活を送れている.

さらにこの街はとても住みやすいことがわかった.街自体は大きいものではないが,その分コンパクトにまとまっていて非常に便利である.必要なものも揃っておりApple Storeまである.大学帰りにふらっとApple Storeに行けるのは最高.

続いて,友人関係である.

semester 1を通じて常々感じたのは,Postgraduate Linguisticsのメンバーは本当にいい人達ばかりだということだ.互いが互いを尊重している.私が落ち込んでいた日や,体調が悪いときには「何か買っていくよ」などメッセージをくれたり,分からないところは助け合ったりしている,これは本当にありがたいことである.私も何かあれば,助けられるように勉強していきたい.

最後に,月並みだが文化の差を学んだことである.

今までにも何回か書いていたが,日本との差を感じる経験を得ることができた.これは,やはりこちらにきてこそ,学べるものだろう.そして,今後もこういった部分には敏感に学んでいきたいと思う.

 

帰国まで267日,悔いのないよう過ごしていこう.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です