今回はイギリスでの長距離移動について記しておきたいと思う。


最近、ロンドンやリーズやヨークなど様々なところに行くようになった。

移動手段は主に2つ。バス電車だ。飛行機は予算の都合でとてもじゃないが国内移動では使えない。

今回はイギリスの長距離バスと電車について記したい。

Trainline

イギリスで長距離移動手配は、実はとても簡単。なぜならアプリがあるからだ。

それがこちらTrainline.

Trainline: Train & Bus Tickets

 

Trainline: Train & Bus Tickets
開発元:thetrainline
無料
posted withアプリーチ

このアプリは出発地点・到着地点・日時を設定すればバスと電車の両方を検索してくれる優れもの。決済もアプリ内で済ませることができ、チケットもEチケットで発券してくれるので、プリントの手間もいらない。

バスか電車が必要になったら、とりあえずこのアプリを使えばOK.

バス

イギリスの長距離バスは大抵National Expressというバスだ。(むしろ、他の会社を見たことがない)

バス移動のメリットは何より安いこと。もちろん場所にもよるが、往復2000円くらいで隣の都市くらいには行ける。日本のバス会社と比べても圧倒的に安い。安く済ませたい時は、バスが良い。

一方、クオリティはそこまで良いものでもないと個人的に感じている。イギリス人は基本的に日本人より運転が荒いので、車に弱い人は酔いやすい。設備も必要最低限という感じだ。一度、トイレが壊れてバス中が臭いという中帰ってきたこともある。

また、バスなので当然、時間がかかる。

このあたりは安さとトレードオフだろう。

バスについてまとめると、安いがクオリティは低いという感じだ。

電車

電車はLINERという、日本で言うところの新幹線のようなものがある。高速長距離移動車両だ。

この電車のメリットは当然速いこと。速度が速いので、移動時間も短くて済む。それに車内が快適だ。売り子さんも回ってくる。値段も早い時期に予約しておけば、そこまで高価格にならずに買える。移動時間も考えるとバスよりお得なチケットに出くわす可能性も0じゃない。

一方、直前にチケットを買おうとすると、そこそこの出費は避けられない。お金に余裕がある場合はいいだろうが、そうでなければポンポンと気軽に使えるものではない。

まとめ

お金に余裕がある・移動時間が惜しいと言う場合には電車。

お金がない時にはバス。

2 のコメント

  1. ピンバック: 私のiPadの使い方 | The Theatre

  2. ピンバック: iPad BLOG チャレンジ | The Theatre

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です