ワシントン大学での実験が注目を集めた。

詳しくはこちらの記事を読んで頂きたいが、一人の脳から他社の脳に直接データを送信する実験に成功したという。大変興味深い。

脳 to 脳ネットワーク実験で3人が相互の意思疎通に成功。2人が1人にデータを送り、嘘発見ゲームも

以前も述べたとおり、言語とは情報である。音声や文法などは手段であって目的ではない。情報を伝えられるなら、文字でも絵でも構わないのだ。そして、私の考える理想はこのような直接情報を交換できる言語である。そして、それは同時に人間以外の情報にもアクセスができるようになって行くだろう。

もし、この技術がさらなる発展を遂げれば以前述べた理想言語は実現される。今後もこの技術の発展からは目を離さずにおきたいと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です